高齢犬は加入できない!?ペット保険の選び方

ペット保険に入っていないとどうなる?

ペット保険は、家族の一員であるペットが病気になったりけがをした時の診療代や手術代を補てんしてくれる、とても頼りになるシステムです。お腹をこわしたなどのちょっとした時でも、動物病院で診察、薬を処方してもらうと安くても5,000円位はかかります。それが保険に入っていると半額や3割負担になります。ちょっとくらい大丈夫だろうと動物病院に連れて行かないでいるうちに症状がひどくなり、手術が必要になってしまうと大変です。ペット保険に入っていると早めに動物病院に行きやすくなりますね。

ペット保険は必要なの?

もし手術が必要なけがや病気をしてしまったら、その手術代は数十万になることも多いです。ペット保険に加入していれば手術代のような大きな金額も、補てんの上限額があるなどの注意点もありますが、かなり割安になるでしょう。保険によっては窓口で自己負担額だけ支払えば良い保険もあるので、ペットの急なけがなどの時に、突然の高額出費にならずにすみます。また、手術代への備えがメインになる、保険料が安めの保険なども。万が一を考えると、必要にあわせて入っていた方が安心といえるでしょう。

高齢になるまえにペット保険は入っておきたい!

ペットの年齢が若いうちはペット保険の保険料も安いのですが、高齢になるにつれ保険料は高くなっていきます。そしてやっぱり高齢になってからの方が病気やけがが多いです。実は、ペット保険は高齢になってからは加入ができないものが多く、「ペットが高齢になって弱ってきたからそろそろ保険に入ろうかな。」と思った時にはもう加入できないなんて事もあるので注意しないといけません。ペット保険のメリットやデメリットを確認して、自分にぴったりの保険をみつけたいですね。

ペット保険に入るなら、慎重に内容を見てください。また金額もさまざまなので、色々な保険と見比べて決めます。